Delta's Director of International Programs

 

Ms. Karen Symonds

Director of International Education - Admissions, Custodian, Operations

Email: KSymonds@GoDelta.ca 

Cell: 604 396 6862 | Tel: 604 952 5372

 

COVID-19として知られている新型コロナウィルスが今年1月以降大きく報道され、世界的な健康問題として懸念される様になり、その影響が私達の学校システムに突然大きな影響を及ぼしたのは今から3ヶ月前の事でした。BC州の学校が無期限での閉鎖という発表があったのは、春休みに入ってからの事でした。

その後の数日間、私達は1週間の間に200人以上の学生の、急な帰国対応を行いました。私達のプログラムにとっては、すさまじい週でした。あれほど大量のメールが短期間で来るのは見たことがなく、分刻みで送られてくる帰国便情報の把握、多くの留学生の帰国を、あの短期間で調整した事はこれまでありませんでした。多くの学生やホストファミリーにとって、これはとても辛いものでした。学生は、きちんとした終了もお別れも出来ないまま、帰国せざるを得ませんでした。ホストファミリーと何年も一緒に過ごした学生もいれば、到着したばかりの学生もいました。予定していた留学計画は自然の力によって打ち切られました。とにかく残念で悲しいことでしたが、エージェントパートナーの皆様やホストファミリー、スタッフが、その間とても温かく、協力的な姿勢で支え合った事が印象的です。

この一連の動きの後、引き続きデルタに残っている400人以上の学生のケアとサポートは続きました。その時点で、私達の注意は彼らに向けられ、個々への連絡や文化サポートスタッフからの連絡、学生と共に滞在している保護者への連絡を行いました。私は3月以降、ホストファミリーとほぼ毎日連絡を取り合い、必要となる情報やサポートの提供に努めました。彼らと連絡を取る中で、この困難な状況の中でも、ホストファミリーとしての責任感の大きさや留学生への温かいケアに大きな感銘を受けました。また、学生に対しても、自身に対する健康と安全への配慮、地域に対する安全と健康への取り組みに感銘を受けました。こうした絆が形成されていく様子は、この困難な状況下でのハイライトとも言えます。

そしてそこから、オンライン学習に移行しました。これは私達にとっても、教師にとっても、学生にとっても新しい領域でした。上手く適応した人もいれば、苦労した人もいます。各学校のインターナショナルコーディネーターとELL教師は、留学生の学習状況を把握する上で大きな役割を果たしており、誰が苦労しているのかを特定し、私達スタッフと共に対策を練っています。一部クラス内での学習が可能になったことにより、再び学生へのサポートも行っています。

例年この時期、留学終了間近であったり、卒業であったり、サマースクールの予定を立てたり、次年度の計画を立てたりと、学生は、引き続き学業を続けながら考える事も多く、そのバランスを取る事が難しく感じる時期でもあります。今年は更に困難な状況です。学生は、例年通りのお祝いや閉会の機会無しに留学生活を終えます。卒業生は、例年通りの卒業式や祝賀会と同じプラットフォームは与えられません。現在カナダに残っている学生には、9月に戻ってくるのが難しくなるかもしれないという不安から、このままカナダに留まる事を奨励しています。多くの学生は、自国の家族に会いたいことでしょう。私達はこれから9月以降の事を考える必要があり、それは恐らく過去のものとはかなり異なると思います。非常に多くの未知数と不確実性があります。私達はこれからも、賢明に、思慮深く、そして私達に出来る限りの最善を尽くし、この困難で未知な状況に取り組んで参ります。

この春は、感情的なものとなりました。個人的なレベルでは、多くの方が抱えているのと同じ事を経験しました。孤独感、友達や家族に会えない事、身近な家族の失業という経済的負担、そしてこの先どうなるのかという不安。それに加えて長時間の仕事の中、保護者やエージェントの皆様の率直な感謝の意や、学区の方針や対応に対する不満などにも対処しました。パンデミックの間、ストレスを抱えるホストファミリーへのサポートに努め、ストレスを彼ら自身で対処するのが困難になった時の相談役にもなりました。時に、世界中の不安を全て私が背負っているかの様に感じました。自分が抱える感情の荷物を通り抜けながら、他の人が感じる多くの感情に対処する時、日頃物事が上手く行っている時に何が成功へ導く重要な鍵を握るのかを考えました。私達は、プロ意識、誠実さ、正直さ、そして心で活動しています。私達チームは、一人一人がこの価値に基づいて動き、私はこのチームを本当に誇りに思います。

これからも、私達はその姿勢を貫いていきます。9月からどの様になるかは分かりません。20199月の様にはならないでしょう。学生は、カナダに到着後、自主隔離をすることになります。来年も留学生の数は減るだろうと見込んでいます。ワクチンが出来るまで、COVIDは更にいくつかの問題を私達に投げかけるでしょう。この先何をするかを検討し、このプログラムをより良する可能性を楽しみにしています。どんな変化があってもDeltaが特別な場所である事は変わらず、どの様な状況下にあっても学生にベストなサポートと教育を提供していきます。

COVID-19が遠い思い出になる日が来ますように!

留学生の皆さん、保護者様、パートナーの皆様の健康をお祈りしています。

 

Be well,

Karen Symonds

Director of International Education